生活習慣 脱毛予防 若ハゲ 薄毛

髪に悪い食べ物を回避して脱毛予防

更新日:

食事の管理で脱毛予防

髪がフサフサと生えてるときは髪の毛の事なんて心配していません。ほとんどの人が実際に薄くなってから 慌ててヘアケアに励むのです。
やはり一番良いのは髪が薄くならないように日ごろから予防しておくのが大事です。

現在 髪の毛があっても今後 脱毛が起きないように食事など気をつけましょう。
まずは髪に良い食事よりも髪に悪い食事や食べ物を覚えておいてください。日常生活で髪に悪い食べ物を意識することで過剰な摂取がなくなるので十分な脱毛の予防になります。

 

髪に悪い食べ物を覚えておく

9177e1832b93eab273c15c7adc805f82_s

塩分の多い食べ物は髪に悪い!
塩分の摂りすぎは肝臓の機能を低下させてしまいます。肝臓の機能が低下すると血流が悪くなるので頭皮への栄養もいきずらくなり脱毛をおこす危険性が高まります。

お酒 アルコールの飲みすぎは髪に悪い!
お酒やアルコールの摂りすぎも肝臓に負担をかけてしまいます。塩分と同じで肝臓の機能が低下することにより脱毛を起こす危険性が高まります。

刺激の強い食べ物は髪に悪い!
刺激の強い食べ物とは主に辛い食べ物です。辛い食べ物を食べることにより発汗します。この時 頭皮からも汗をかきます。頭皮から大量の汗をかくと毛根へ汚れとして付着してしまいます。毛根にあぶらや汚れが付着していると脱毛の原因になります。

動物性脂肪を含む食べ物は髪に悪い!
動物性脂肪は皮脂が過剰にでる可能性があります。皮脂が過剰にでることによって毛根にあぶらや汚れが付着して脱毛を起こす危険性があります。

 

これらの食べ物を偏って摂りすぎると髪に悪いわけです。適量をバランスよく摂取していれば髪に対しても悪影響はないので安心してください。髪に悪い食べ物を意識するだけで過剰な摂取を回避できると思います。脱毛を予防するうえで食事はとても大事なところなので偏った食事を避けてバランスの良い食生活を送ってください。

 

-生活習慣, 脱毛予防, 若ハゲ, 薄毛
-, , , , ,

Copyright© わかりやすい育毛と発毛 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.