中学生の薄毛 脱毛 若ハゲ 薄毛 遺伝 高校生の薄毛 髪のボリューム

中学生や高校生で薄毛になったら

更新日:

中学生や高校生の髪の悩み

中学生や高校生でも髪の薄毛に悩んでいる人は多いです。しかし勘違いや思い込みで悩んでいるケースも多いというのも事実です。
勝手な思い込みで悩んでいると本当に薄くなってしまうので、まずは正しい知識を身につけて下さい。

中学生や高校生の薄毛の悩み

目次1 中学生 高校生の薄毛2 早い段階で薄毛に気づいたのは最大の予防策3 中学生や高校生の髪の悩みでよくあるケース 中 ...

続きを見る

 

中学生や高校生で本当に髪が薄い場合

中学生や高校生で本当に髪が薄いというケースもあります。
生え際やソリコミの部分ではなく、全体の毛量が薄いという場合です。

 

若くして全体の毛量が薄い場合は1本の毛の太さがもともと細いというケースが多いです。毛の太さの平均は0.08ミリ~0.1ミリ位と言われているので それ以下だと毛が細いという部類にはいるわけです。自分の髪をさわった時に感覚的にコシがなかったり、やわらかい毛質だと平均よりも毛が細いかもしれません。

 

もう一つの原因は髪の毛の量です。通常だと1つの毛穴から髪の毛は3~5本位生えています。全体として10万本位の毛が生えてるわけです。多い人だと15万本以上の毛量がありますが少ない人だと10万本以下の本数です。

413438

もともと髪の本数が少なくて髪が細い人は全体のボリュームがないので薄く見えるかもしれませんが、ハゲではありませんし脱毛を起こしているわけでもありません。なのでハゲているなどと勝手に自分で思い込んではいけません。しかし もともとの髪の量が少なく毛も細いとなると脱毛が少し進行するだけで本当に薄くなってしまうので髪に悪いことはさけてください。

関連記事 Pickup
【M字ハゲ】生え際が後退している「中学生」「高校生」原因と対策

もともと髪の量や毛が細い場合の対処法

まずは食事や睡眠を気をつけて脱毛を起こさないように努力してください。
育毛サロンや発毛サロンに通うのはあまりおススメしません。もともとの髪の量が少なく髪の毛が細いだけで脱毛を起こしていないのであれば行く必要がないからです。ちなみに育毛や発毛で髪を育てたり髪を生やしたりというのも限界があります。無限大に髪が育つわけではないですし無限に髪が生えてくるわけではありません。基本的には本人のもともとの髪の量と髪の太さがマックスだと思ってください。

 

どうしても自分の髪のボリュームが少なくて気になるのであればヘアスタイルを短髪にすることをおススメします。髪を短くすればするほど毛の太さやボリュームといった見た目から解放されてストレスもなくなるとおもいます。髪を短髪にできないのであれば軽いパーマなどでボリュームをだすという手段もあります。本当はなるべくカラーやパーマはかけない方が良いのですがヘアスタイルにボリュームがでてストレスがなくなるのであればパーマやカラーという選択も良いのではないでしょうか。

 

もともとの髪の量が少なくて髪が細いからといって将来的にハゲてしまうわけではありません。むしろ若いうちから髪の毛にたいして予防をしていれば将来的にも安心なわけです。

自宅で生え際のM字部分の薄毛を改善

目次1 生え際の薄毛2 頭皮マッサージはお金もかからず効果あり 生え際の薄毛 生え際の薄毛でなやんでる人は多いです。自宅 ...

続きを見る

 

-中学生の薄毛, 脱毛, 若ハゲ, 薄毛, 遺伝, 高校生の薄毛, 髪のボリューム

Copyright© わかりやすい育毛と発毛 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.