その他 男性ホルモン 脱毛 遺伝

ハゲは遺伝するのか?

更新日:

遺伝でハゲしまう?

昔からよくハゲは遺伝するなんて言われています。
自分の父親がハゲていると自分も大人になったらハゲてしまうのではないかと恐怖を感じた人もいるでしょう。
父親がハゲていると本当に遺伝でハゲてしまうのでしょうか?
父親がハゲていても母親がハゲていなければ相殺して大丈夫なのか?
むしろ父親がハゲていても母親がハゲていなければハゲないのでは?
ハゲと遺伝の関係性について説明していきます。

ハゲの遺伝は父親よりも母親が重要

男性型の脱毛(AGA)をおこす最大の原因に男性ホルモンの影響があります。
これはテストステロンという男性ホルモンが毛乳頭に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつきジヒドロテストステロンというモノに変化します。このジヒドロテストステロンこそが髪の毛の脱毛を促進させるわけです。
このジヒドロテストステロンの影響を受けやすいか受けにくいのかは親からのDNAで決まると言われています。

 

父親がハゲているとジヒドロテストステロンの影響を受けやすい体質だと思うかもしれませんが 実際は母方の遺伝の影響が大きいと言われています。つまり父親がハゲているから自分もハゲるというのは あまり関係がないようです。むしろ心配なのは母方のおじいちゃんがハゲていた場合に隔世遺伝で脱毛を起こしやすい影響を受けるかもしれません。

hari_barcode

遺伝でハゲるか心配しなくてよい

遺伝により脱毛を起こしやすいという事はたしかにあります。しかし遺伝により将来ハゲるかもしれないといった心配はしなくて良いと思います。

父親やおじいちゃんがハゲていても全くハゲていない人も大勢いますし、お兄さんはハゲていても弟は髪がフサフサなんて事もよくあります。

遺伝により脱毛を起こしやすい体質を受け継いだとしても将来100%ハゲるわけではありませんし、脱毛を起こしずらい体質であっても髪や頭皮に悪影響を与えつづければ将来ハゲてしまいます。

遺伝でハゲるかもしれないと悩んでいるよりも食生活や睡眠、頭皮のケアをしっかりとしていれば脱毛の進行を遅らせたりすることは十分可能です。遺伝を引き継いだから100%ハゲるといったことはないので安心してください。

 

-その他, 男性ホルモン, 脱毛, 遺伝

Copyright© わかりやすい育毛と発毛 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.