増毛 植毛 育毛 発毛 自毛植毛 薄毛 薄毛改善

髪を増やす方法 植毛とは

更新日:

様々な髪を増やす方法

脱毛が進行して 全体的に髪が薄くなってしまうと やはり髪がほしいと願う人は少なくありません。

今の時代は様々な手段で髪を増やせるわけなのですが どの方法も一長一短という側面もあります。

植毛で髪を増やす

カツラや育毛などは一般的にも認知されているので どのようなモノか理解されてる人も多いのではないでしょうか。

しかし植毛というと なかなか認知されていないので どのようなものか理解している人も少ないかもしれません。

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

 

植毛とは人工毛 もしくは自毛を脱毛部に植えていく施術となります。

頭に麻酔をしてダイレクトに人工毛や自毛を植えていくわけです。

もちろん麻酔や植毛針などを使用する施術ですので医療行為です。

実は植毛は人気がある

あまり一般的に認知されていないので 植毛の良さも あまり知れ渡っていません。

植毛をしている人の多くは 植毛をする前にも なにかしらの毛髪手段を試している人が多いです。

まず育毛や発毛を試すが効果がでない為 増毛をやる。
しかし増毛を続けていくうちに自毛がなくなってしまいカツラをする。
しかしカツラはなかなか自分のイメージ通りにならないし周りからもバレているのではないかという恐怖心に悩まされる。
そして植毛をはじめる。

植毛をすると、自分の求めていたヘアスタイルや毛量が実現できたと喜んでいる人も実は大勢います。

cc16e822efd02f30726b01aef2e705c6_s

植毛は1本1本 手作業で植えていくので 幅広いヘアスタイルに対応できるのです。

植毛が一般受けしない理由

植毛は幅広いヘアスタイルに対応でき、見た目も自然というメリットもありますが、デメリットも存在します。

まず人工毛植毛は人工の毛を植えていくのでヘアスタイルも毛量も幅広く対応できるのですが、植えた人工毛は永遠のモノではなく時間とともに少しずつ抜けていきます。

なので定期的に植えたしをしなければならないのでコストが掛かります。

植えたす頻度や本数は人によって違うので 何とも言えませんが基本的にには最低でも年に1回は植えたしが必要と考えたほうがよいでしょう。

カツラをしている人がカツラをやめるとしたら いきなり髪がなくなるので かなり勇気のいる事なのですが、人工毛植毛は少しずつ抜けていくので自然にフェードアウトできるというメリットもあります。

また人工毛植毛は定期的な植えたしのコストも掛かると同時に扱いもデリケートです。

頭皮に人工の毛を植えているので炎症するというリスクもあります。

本当に酷い炎症になると頭皮が膿んだりしてしまいます。

基本的には多い本数を詰め込めば詰め込むほど 炎症のリスクは上がります。

適正な本数を清潔に扱っていれば 炎症を起こさずに維持する事は可能です。

また自毛植毛は自分の後頭部の毛を脱毛部に移植する為少なからず後頭部に傷痕が残ります。

また移植した自毛の定着が悪い場合もあります。

この傷痕や定着率は施術するクリニックの腕が非常に大事になります。

評判の良いクリニック選びが重要になります。

また人工毛植毛と違い 定着した自毛は抜けても生えてくるので定期的に植えたすといった事はありませんが 自分の後頭部の毛を移植するので、毛量の限界があります。

植毛は見た目の自然さや幅広いヘアスタイルへの対応などメリットも数多くあるのですが、値段が比較的 高額なことや医療行為ということが敷居を高くしている面もあります。

植毛のメリットとデメリットをよく理解して自分に合うか検討して下さい

 

関連記事 Pickup
生え際の髪も自由自在に増やせる!!植毛の魅力とは!

 

-増毛, 植毛, 育毛 発毛, 自毛植毛, 薄毛, 薄毛改善

Copyright© わかりやすい育毛と発毛 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.